2010年07月13日

水を使わない太陽熱発電

読売新聞からの情報です。
水を使わない太陽熱発電の画期的システムを商用化へ目指すそうです!従来は水を蒸発させタービンを回し発電する方式ですが、新方式は高圧の空気を太陽光で熱してタービンを回す。
水がない砂漠でも発電が可能となるようです。
水やポンプ等が必要なくなるため設備が簡素化になり発電コストも約2〜3割下がる見込みとのこと。

太陽光と太陽熱とどちらが効率よく発電出来るか気になりますね!

今回は初めて携帯電話から書いてみました!
posted by ぐっさん at 08:43| 茨城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

お役立ちサイト情報!!

皆様ご無沙汰しております手(パー)
長らく更新できずすみませんでした。ふらふら
久し振りにちょっと便利な情報を提供します。ぴかぴか(新しい)

世間ではエコiモードと言う言葉が非常に広まってきております。
家電製品の買い替え自動車の買い替え等、色々なところで省エネが謳われております。
そこで今回ご紹介したいのは、
家電を買い替えた場合の省エネ効果を簡単にチェックできる便利なサイトをご紹介いたします。
その名も

「しんきゅうさん」
http://www.shinkyusan.com


対象の家電としましては、
 ・照明器具
 ・エアコン
 ・冷蔵庫
 ・テレビTV
の4種類で買った年やメーカー名などをサイト上に入力し、
新製品に買い替えた場合の二酸化炭素や、
電気代など年間どのくらい抑えられるかが分かるサイトですグッド(上向き矢印)
また、
 ・買い替えの際に省エネ効果が高い家電製品をどう選ぶか
 ・省エネ効果を高める家電の使い方
 ・省エネに結びつく手入れ方法
等も紹介しております。

非常に分かり易く比較できますので便利だと感じました。
携帯版サイト携帯電話もある為、外出時でも気軽に調べられますよ。

posted by ぐっさん at 21:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

太陽光発電 コスト転嫁

太陽光発電晴れ普及計画の新制度が発表されましたね。
まさか、電力会社が買取コストを全世帯で負担とはexclamation・・・中々
大胆な制度になりましたね。
新聞に掲載された記事を抜粋しコメント付けてみました。
 


 

太陽光発電全世帯に負担
(余剰分買取費 電気代に上乗せ)
新制度:エネルギー供給構造高度化法
20097月国会にて成立)

@電力会社は現在、太陽光発電 で余った電力を1キロワット時あたり24円程度で自主的に買い取っているが、新制度では買い取りが義務付けられ、価格も48円に引き上げられる。

← 太陽光発電 の普及を後押しして温室効果ガスの排出量を減らす狙い


<コメント>

現在、太陽光発電 を設置している家庭では非常にメリットのある話ですね。

ただ、そこまで考えてない方にとっては何とも微妙な立場ですよね・・・。

かと言って、これから設置するにはまだまだ、簡単にGOできる金額ではありませんですので。。。(ちなみに標準的な設備で約250万円位とのこと)

A買い取り価格引き上げで生じる電力会社のコストに関しては、電気料金への転嫁が認められる事になった。コストは、受益者が負担するという公共料金の考えを根拠としており、各世帯の電気の使用量に応じて電気料金に上乗せする仕組みとする。


← 経産省は、温暖化対策は国民全体で取り組むべき課題との考え。さらに国内の太陽光発電 2020年に2005年比20倍の2,800万キロワットまで増やす事を目指していることから電気料金への上乗せ金額を算出したとのこと。


<コメント>

経産省の考えも分からなくもないが、まず、太陽光発電 の設置を広めてある程度(普及率を予め設定して)普及した時点で、買い取り費を全世帯に負担させた方がスムースな感じがしてならないですね。

現状の普及率では、殆どの世帯がまだ未設置状態であることから多大な批判を浴びることが考えられると思うが・・・これは素人から見ての見解ですがね。


← 新制度では、使用する電力量に比例して上乗せ額が増えるため、経産省は各世帯が省エネに努め、負担を小さくすれば、ある程度不公平感も抑えられるとみている。


<コメント>

確かに電力量に比例して上乗せ額が決まるとなると、今のご時世を考えても節電を心掛ける方々が非常に多くなるでしょう。それに伴い省エネが進み温暖化対策が浸透する考えは一理ありますね。

但し、今現状最大限に節電を行っている方にとってはどうも気持ちが乗らないように感じられますね。


← 低所得者からの徴収を免除する場合、線引きを設定するのが難しいとのこと。


<コメント>

免除の線引きは非常に難しいと思います。ですから、今回で全世帯へとなっているのは分かりますが、もう少しコスト費負担を後に回し太陽光発電 の設置へシフトし普及率を見てコスト費負担を全世帯から徴収する段階を踏んだ方が無難だと私は感じますね。皆さんは、どう思われますか?


← 上乗せ額は20104月から開始

                20104月〜1年間   ・・・         上乗せ額未定

                2011年度〜                ・・・         標準的な家庭で平均月額約30

                2016年度以降             ・・・         最大月100円程度


<コメント>

1年間未定とは、どうなんですかね。来年の金額が出ないで成立してしまうのもどうかと・・・。国民の意見は、聞いてもらってるのですかね。


と、まぁ私なりにコメントさせて頂きました。
今後、温暖化対策、自然エネルギー等の制度が出てきそうですね。


省エネと二酸化炭素削減。東亜システムクリエイトの環境製品
posted by ぐっさん at 06:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

電気自動車の登場 第2弾!!

私なりに
電気自動車の現在の不安点を挙げてみました。

 @航続距離
 A電気補充施設の少なさ
 Bメンテナンスの費用

現状は、こんな感じでしょうか?

☆実際にEVカー(電気自動車)に乗られている方は、
 どういう不安点があるのか知りたいですね。
 だれか、現在EVカー(電気自動車)に乗られている方で
 お答えできる方コメントお願い致します。目手(パー)


一般の方々が安心して運転する為、早急に行う事は

 ★電気補充施設の増設!!

これが先決ですね。
どこに行っても電気スタンドがあると安心ですもんね。ひらめきわーい(嬉しい顔)

さて、燃料コストに関してですが、
自宅では、オール電化の方など深夜電力を利用する事で、
非常に燃料費を抑えられる方々もいらっしゃるようですね。

私の自宅もオール電化にしましたので、今後が楽しみです。
(まだ・・・電気自動車ありませんが・・・たらーっ(汗)
また、太陽光発電システムも設置しておりますので、
これらを上手に利用した燃料管理をしていきたいですね。

ますます、気になるEVカー!!
これからも普及していく事を期待してま〜す!!

posted by ぐっさん at 22:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

電気自動車の登場 第1弾!!

今、エコカーとして話題を集めています、
 「ハイブリッドカー」
 「EVカー(電気自動車)」
この中でも「EVカー」の方に今回は注目してみたいと思います。

先行で三菱自動車から「i-MiEV」が発売されましたね。ECOですよね〜!!
私にとっては待ちに待ったEVカーですよ。わーい(嬉しい顔)
結構昔から登場すると言われていたものが、
やっとこの時期に満を持しての登場となりましたね。パンチいいですね〜〜

さて、この自動車は航続距離としてこれはカタログ値になるのかな!?
約160km少々少ない気もするけど町乗りでしたらさほど気にならないのかな?

皆さんはどう思います?

やはり、遠方に旅行へ行く事が多い方にとっては少し不安な距離ですよね。
ただ、最近は、コンビニコンビニなどにも
「電気補充スタンド」ガソリンスタンドが次々と設置されているようですので、
今後はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。
ただ、山地とかまではどうなのかまだ分かりませんが・・・がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
まぁ、今後解消されていくでしょうね。

続きはまた・・・

posted by ぐっさん at 07:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

風力発電!!

アメリカのテキサス州では、
大規模な風力発電事業が展開されているようです。台風
その影響もあり、去年、ドイツを抜いて世界一の風力発電事業となりました。
昔は、石油算出が盛んだった町が今では、
環境に貢献する町となっています。風力発電ファームとして!!
やはり、広大な土地と有効な風があると非常に活躍できる風力発電ですね。
日本では、中々難しいですね。

しかし、外せない分野ですので試行錯誤しながら取り入れて環境大国として
大きく向上してほしいですね。

posted by ぐっさん at 00:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

自然エネルギー

久し振りにエコ情報を書かせて頂きます手(チョキ)晴れ

本日(6/22)の読売新聞にて
「ベランダ柵で太陽熱利用」ひらめき
とのエコ情報がありました!まだ研究段階ではありますが
ベランダの柵部分に太陽熱を集めるパネルを設置し、
外側をガラスで覆われた黒いパネルに日光があたると、
中の不凍液が温められ、パネルからパイプでつながる貯水タンクへと
熱が伝わり、タンクの湯をガス給湯器で瞬間的に加熱するなどして
風呂や台所で使う仕組みのようです。いい気分(温泉)
「4人家族なら、お湯の11%程度を太陽熱で賄える」との事手(パー)

これらは、集合住宅向けをターゲットにしたものらしいです。

いいですね〜自然のエネルギーを利用したシステムは!!わーい(嬉しい顔)

太陽熱利用は、歴史が古く1970年代の石油ショックを機に急速に普及し、
80年度頃には年間約80万台が販売されたようです。
住宅の屋根などに設置され主に風呂に利用されたが、
その後の石油価格下落により需要は減ったとの事。

確かに昔、屋根の上に設置されてたのを良く目にしてたなぁ〜
最近は滅多にお目にかかれませんね。
これからは、違った形で太陽熱利用が普及していきそうですね。
楽しみですね。exclamation×2
posted by ぐっさん at 16:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。