2010年07月13日

水を使わない太陽熱発電

読売新聞からの情報です。
水を使わない太陽熱発電の画期的システムを商用化へ目指すそうです!従来は水を蒸発させタービンを回し発電する方式ですが、新方式は高圧の空気を太陽光で熱してタービンを回す。
水がない砂漠でも発電が可能となるようです。
水やポンプ等が必要なくなるため設備が簡素化になり発電コストも約2〜3割下がる見込みとのこと。

太陽光と太陽熱とどちらが効率よく発電出来るか気になりますね!

今回は初めて携帯電話から書いてみました!
posted by ぐっさん at 08:43| 茨城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水がない砂漠でも発電が可能になれば
太陽光発電よりもメリットが
ありそうな気がします。
Posted by エコな人 at 2010年07月15日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156210817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。